ホーム

美容整形の正しい知識

町の開業医という人たちによって、美容整形は技術を高められてきたものでもあります。そのため、分野としてはかなり歴史が浅いものでもあり、実際に標榜科目であると認可されるようになったのは、昭和50年代に入ってからになります。 Read the rest of this entry »

 

Leave a Comment

Tags:

オーガニックはコスメにも

オーガニック、という言葉に聞き覚えのある人も多いのではないでしょうか。そもそも、オーガニックという言葉はどのような意味を持っているものなのでしょうか。これは、有機栽培という意味を持つものであり、化学合成農薬や化学肥料を使うことなく、有機肥料などで土壌の持つ力を生かした栽培の方法です。
Read the rest of this entry »

 

Leave a Comment

Tags:

日焼け止め成分の種類について

日焼け止めの成分としては、実は二種類のものがあります。それが、紫外線吸収剤と紫外線散乱剤という二つです。
まず紫外線吸収剤の場合、作用としては紫外線を一旦吸収して、熱エネルギーに変換した後に放出をするといったような作用になります。ですがこれは化学反応であるために、肌に対して負担がかかってしまいます。日焼け止め成分に表示されているSPF値は、その値が高いほど、肌に対しての負担が高いということになります。 Read the rest of this entry »

 

Leave a Comment

Tags:

安心できる全身脱毛を受けよう

たいていの女性が、自分の無駄毛について悩みを持ったことがあるのではないかと思います。例えば決して濃いというわけではなくても、顔や手足、脇や背中など、毎日無駄毛の処理をしなければならないということが面倒だと思うこともあるのではないかと思います。 Read the rest of this entry »

 

Leave a Comment

Tags:

食生活を変えていこう

食事をするということは、毎日のエネルギーのためにとても大事なことです。ダイエットをしているからといって、それを制限しすぎてしまうということはあまりいいことではありません。ダイエットとして何よりも大事なことは、規則正しい生活を送るということなのですね。 Read the rest of this entry »

 

Leave a Comment

Tags:

ケミカルピーリングとはどんなものか

ケミカルピーリングといわれている方法は、ピーリングの一種です。にきびの跡などを、素早く薄くする方法になります。
名前の由来となっているのは、化学物質のケミカル、皮をむくという意味のピーリング、というものです。その名前の通りに、古い角質をはがしていくというイメージになります。酸性の薬剤を使っていく方法になるために、多少の刺激が肌には生まれることになります。なので、施術をする前には顔を剃ることや、レーザー治療や脱毛などは避けることが推薦されます。 Read the rest of this entry »

 

Leave a Comment

Tags:

加圧トレーニングで成長ホルモンを

加圧トレーニングを行っていると、成長ホルモンが大量に分泌されることになります。それこそが、加圧トレーニングで得られる効果になるのです。
成人になると成長ホルモンはなかなか分泌されにくいものになりますが、専用のベルトを巻きつけてトレーニングをすることによって、低酸素状態で体内環境が変化していき、筋肥大するために、遅筋線維の活動が制限されるため、もともと筋肥大しやすい速筋線維の活動が促進された筋肉の場合、回復しにくい環境になるために、運動をしている部分には大量の乳酸が溜まってしまっていき、乳酸が溜まることによって回復させようとする体の反応も高まり、それが成長ホルモンの大量分泌につながっていくのです。 Read the rest of this entry »

 

Leave a Comment

Tags:

永久脱毛というのはできるのか

女性で毛深いという場合には、やはり敬遠されてしまうこともあるでしょう。例えば世界的に見れば、ポルトガルなどでは毛深い女性は人気があるということもあるようですが、日本の男性はきれいに脱毛をした女性を好むようですね。 Read the rest of this entry »

 

Leave a Comment

Tags:

全身脱毛のうちの種類について

夏の暑い時期になってくると、やはり服装が薄着になってきて、それだけ肌の露出も増えていくことになります。そんなとき、やはり胸、脚、脇などの産毛が気になりますよね。 Read the rest of this entry »

 

Leave a Comment

Tags:

カルシウム不足はアトピーや喘息などのアレルギー反応の引き金となる

カルシウムには、アレルギーの過剰な反応を抑えることができる機能があります。これが不足してしまうことによって、抑えるということができなくなり、それがアレルギー反応、例えばアトピーや喘息などの状態につながっていきます。 Read the rest of this entry »

 

Leave a Comment

Tags: